タグ別アーカイブ: 韓国時代劇辞典か

韓国時代劇歴史ドラマ事典 か

カッ(갓)
朝鮮の伝統的な帽子。主にヤンバンがかぶっている。

カックン(갓끈)
カッにつけた天然石などでできた紐飾り。この材質である程度身分の差がわかる。

カッパチ(갖바치)
朝鮮時代の靴匠。

加髢(カチェ:가체)
女性用の一種のカツラのようなものを載せた髪型。 ※かつら自体のことではない
髢 (タリ:다리 チェ:체)がとぐろを巻いたようなかつらを指す。
人毛を束ねて、自身の髪(頭)の上に乗せた。起源はモンゴルにあり、高麗時代から始まった。
タリ(다리)といわれる髪飾りの贅沢の横行や低所得者層の家計を圧迫したため、英祖21年(1756)にはカチェ禁止令(가체금지령)を下し、よりシンプルなチョクモリ(쪽머리)を推奨した。
これを法制化して正祖12年(1778)に加髢申禁事目(가체신금사목)を頒布した。

感祝(カムチュク:감축)
慶事をともに祝うこと。「カムチュクトゥリオムニダ:감축드리옴니다:お慶び申し上げます」と使うことが多い。

カラクジ(가락지)
2つ1組になった指輪。玉の指輪・オクカラクジ(옥가락지)や金・銀製などがあり、「夫婦一身」や「二姓之合」などの意味合いを持つ。宮中及び班家では春秋はホウロウ(七宝)・夏は玉や瑪瑙・冬は金など、季節にあわせて素材を変えた。

伽耶琴(カヤグム:가야금)
十二弦の琴。伽耶末期(六世紀)に発明された歴史の古い琴。

揀擇(カンテク:간택)
朝鮮時代に,王・王子・王女の配偶者を選んだ行事。 色々な候補者らを宮殿中に集めておいて、王以下王族および宮人らが進んで直接見て適格者を選んだ。

康寧殿  (カンニョンジョン:강녕전)
景福宮(キョンボックン:경복궁)内にある王の寝殿。

冠礼(カルレ:관례)
15歳~20歳になると行われた成人になるための儀式。男性は髷を結い、女性は髪を上げカンザシをさした。→笄礼(ケレ:계례)

嘉礼/嘉禮(カレ:가례)
王・世子・世孫の婚礼。

※日本人には「カ」と聞こえる音に「クァ」もあります。「カ」で見当たらない場合にはそちらも参照してみてください。

 

当ページの短縮URL  http://kjidai.com/?p=81