カテゴリー別アーカイブ: 韓国時代劇歴史ドラマ事典

韓国時代劇歴史ドラマ事典 あ

アッシ(아씨
目下の者が言う若い高位の女子に対しての呼称。下女がお嬢様に対して言うことが多い。

アギッシ아기씨
宮中で男女を問わず幼い王の子につけた呼称。成長すると王子は大監(テガム:대감)、王女はチャガ(자가)の呼称に変わった。
例)東宮アギッシ(トングンアギッシ:동궁 아기씨) 公主アギッシ(コンジュアギッシ:공주 아기씨)

阿修羅場アスラジャン:아수라장
日本語でいう修羅場のこと。
韓国時代劇不朽の名作、カン・スヨン(강수연)主演の女人天下(ヨインチョナ:여인천하)での使用頻度が高かった。

 

アバママアバママ:아바마마
王や王の子息がその父に対して呼ぶ時の呼び名。王や先王に対して使われる。

アビ아비
父親のこと。目下に用いるナッチュムマル(낮춤말)の一人称のため、息子や娘に対して使用する。

暗行御史(アメンオサ:암행어사)
王の側近で堂下官以下のものを秘密裏に地方に派遣し、贈収賄などの官吏の悪行を調べたり、民の窮状を報告させたりした。

アレオプキ아뢰옵기
아뢰다の活用形で申し上げるの意。 例) 恐れながら申し上げます(アレオプキ ファンゴンハオナ:아뢰옵기 황공하오나)

アンパン안방)
母屋。転じて母屋の主人である正妻を指すことも多い。

 

当ページの短縮URL

http://kjidai.com/?p=50