オ・スンユンがラブレインに合流!

オ・スンユン(오승윤) は子役として数々の有名なドラマに出てきてますよね。

その彼が、チャン・グンソク扮するクールなフォトグラファー ソ・ジュンのアシスタント役としてラブレイン(愛の雨)に合流することが決定しました。

オ・スンユンといえば時代劇のイメージが強いですよね~。

個人的に彼をはじめてみたのが2001年の超大作で不朽の名作「女人天下」で、ト・ジウォン扮する敬嬪朴氏(キョンビン パクシ)に翻弄される息子・福城君(ポクソングン)の少年時代としてでした。

オ・スンユンこのドラマでは、主役のチョン・ナンジョンの義理の兄としてチャン・グンソクも出演してました。2人は子役の頃から共演していて、久しぶりの合流なんですよね!

その他にも名だたる史劇に出演していて、どちらかと言うと不幸というかかわいそうな役回りが多かったです。

ざっとあげても「不滅の李舜臣(イ・スンシン)」「朱蒙(チュモン)」「薯童謠(ソドンヨ)」「太王四神記」、そして直近では「近肖古王(クンチョゴワン)」に出演しています。

これだけの作品に出ていることからもわかるように、オ・スンユンは名子役でした。

けれども、今回のラブレインでは、これまでの子役とは違い大人の役です。また現代劇を大人として演じるのは初になるとのことです。韓国時代劇ファンとしてはオ・スンユンの別の一面がどのようなものかというのも興味の的です。

当ページの短縮URL

http://kjidai.com/loverain/?p=32