ラブレイン第9話 キスシーンがねぇ~

ラブレイン(サランビ:사랑비:愛の雨)第9話を見ました。

やっぱり見ていてイナに感情移入してしまいます。死んだと思い込んでいた初恋の人に32年ぶりに出会えたインパクトは、若いジュンとハナの恋に比べるととても大きいんですよね~。

ユニがイナを拒むのは眼の状態が良くないからだと分かってきましたね。負担になるなら身を引いたほうがいいという奥ゆかしさからくるものでした。(診察時のスリットランプのライトの高さがあってなかったのが気になりましたが・・・笑)

そうはいっても、第9話のメインはジュンとハナのキスシーンでした。個人的にはラストの三段噴水でのキスシーンより、酔っ払ったハナに絡まれた時の「やっちまった感」のあるジュンのキスのほうが良かったです。あのシーンはコミカルで、酔った勢いで自分の経験のなさを意図せずに告白してしまうユナの演技が良かったです!

それに比べて、ラストのキスシーンは問題ありでしたね~。どうもユン・ソクホ監督はキスシーンの演出がうまくないです。冬ソナのラストシーンもドン引きでしたが、今回も違った意味で引いてしまいました。

それもこれもハナの衣装。あれはなんなんでしょう?センス悪過ぎでドン引きしてしまいました。最初は遠目と上半身しか映らなかったので違和感がなかったのですが、全身が映った時のスカートにア然としてしまいました。セリフで「変かな?」と言ってましたが(汗)

そして、BGMのミスマッチ。BGMには一家言あり的なユン・ソクホ監督ですが、あのシーンにあのBGMは無いよな~と思ってしまいました。PrinceのKissのジャジーなカバー曲。歌詞が「You don’t have to be beautiful to turn me on ・・・」なのである意味マッチはしているのですが、曲調のミスマッチは否めません。

なんだかツッコミが多くなってしまいますが、スッキリと見せてくれる回はないのでしょうか?

明日こそは!

当ページの短縮URL

http://kjidai.com/loverain/?p=264