ラブレイン 愛の雨

ラブレイン(サランビ:사랑비:愛の雨)は四季シリーズを手がけたユン・ソクホ監督の最新作で、主演にチャン・グンソク、少女時代のユナを迎えた話題作です。

ユン・ソクホ監督の四季シリーズは、「秋の童話」→「冬のソナタ」→「夏の香り」→「春のワルツ」と続きました。

一貫して映像美に注力したクラシックな作りのドラマですが、やや古風な作りで、現代人の完成にマッチしなくなっている感は否めません。

今回のラブレイン/愛の雨も1970年代を絡めているところからも、ノスタルジックと郷愁を誘うものですね。

けれども、このようなスタイルは諸刃の剣で、「夏の香り」と「春のワルツ」では視聴者の年齢層が比較的高くなり、若年層の人気が低迷しました。全世代での視聴率奪取には、ユン・ソクホ監督の手法自体が古くなってしまっているように思います。

そこを突き抜ける新しい手法が製作陣にあるかどうかも見ものです。「春のワルツ」的な手法のままだと惨敗してしまうかもしれません。

 

余談ですが、ラブレイン/愛の雨は北海道の旭川や富良野でもロケをしているので、この夏には韓国だけでなくアジア各国からの観光も期待できそうです!

特に韓国人は小樽を舞台にした岩井俊二監督作品で中山美穂が主演した「Love Letter」が大好きですので。いまだに「お元気ですか?」はけっこう有名な日本語ですものね!

当ページの短縮URL  http://kjidai.com/loverain/?p=6