ラブレイン視聴率最終回 グラフ付き 6%の壁超えられず

ラブレイン最終回の視聴率速報が出ました。残念ながら6%の壁を超えられませんでした。

韓国ドラマの視聴率調査でお馴染みのAGBニールセンの速報によると、KBS2で放送されている月火ドラマ・ラブレイン(サランビ:사랑비:愛の雨)の視聴率は0.6%アップして5.9%でした。

ラブレインの視聴率推移は第1話5.8%、第2話5.2%、第3話4.4%、第4話5.3%、第5話5.4%、第6話5.9%、第7話5.0%、第8話6.4%、第9話5.2%、第10話5.6%、第11話5.6%、第12話5.2%、第13話5.1%、第14話5.8%、第15話6.0%です、第16話5.2%、第17話5.6%、第18話5.0%、第19話5.3%です。

同時間帯のMBCの光と影(ピッグァ クリムジャ:빛과 그림자)は20.5%と0.2%アップしました。

ラブレインと同じく少女時代のユリが出演しているSBSのファッション王(ペション ワン:패션 왕)が終了し、新しい月火ドラマ「追跡者THE CHASER」がはじまりました。こちらは1回目の放送から0.6%アップして9.9%でした。

残念なことにニュースの見出しでは「最後はハッピーエンド、視聴率はサッド・ムービー」「5%屈辱ラブレイン、海外販売は500億(ウォン)」などと、辛辣な言葉が多いです。

改めて総括の記事を書こうと思いますが、海外からの買い付けは青田買いで、内容を見ずに買っています。もし、日本も含めてプロモーションがうまくいかなかった場合には、韓流コンテンツ全体の価格も下がり、超売り手市場の終焉を迎える可能性もあります。

その意味でも、今後のフジテレビでの結果が注目されます。

当ページの短縮URL

http://kjidai.com/loverain/?p=462

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)